女が男に求める絶対不可欠な“実感”とは?|男が理解すべきこと

女が必要なのは・・・

 

一般的に男が求めているのは、「信頼」です。

 

家族・友人・仕事仲間・社会から、「信頼」を受けること、勝ち取ることは、男にとっては何より大事です。

 

しかし、女が一般的に求めているのは「信頼」ではありません。

 

女が求めているのは、
「愛されている」という実感です。

 

女の不可解な行動の事例

女は、何より【愛されている】実感が必要です。
それが得られない為に、また得たい為に起こす女の行動の幾つかを纏めます。

パターン1 〜どっちが大事なの?発言〜

 

以前よく議論になったのは、
「私と仕事とどっちが大事なの?」と詰め寄る女性の言動です。

 

男からすると、

  • この両者は、比べる対象ではないだろう
  • 仕事を頑張っているのは君のためだろう
  • 愛しているからこそ贅沢をさせようと頑張っているんじゃないか

などの理由を述べますが、女は納得しません。
男にはそんな行動が不可解で、重たく感じ、その結果げんなりしますが、女は、ますますヒステリーになり、男の行動を監視したり、執拗さを増します。

パターン2 〜何通ものひとり言メールや頻繁連絡〜

 

女性はよく意味のないメールや、ひとり言メールをすることがあります。

 

例えば、仕事中や夜中などに、

 

おすすめ

「今渋谷で買い物中。すごく人が多い〜」

 

「夜中に、ついつい甘いもの食べちゃった」

 

「○○は、私のこと本当に好きなのかな?」

 

「何でもないけど、メールしちゃった。ごめんね、忙しいのに。」

等、「だから何なのだろう?」というメールや、朝起きたら、上記のようなメールが何十通も送られてきていたりして、引いてしまう経験をする男性も少なくありません。

パターン3 〜色々詮索や心配性〜

 

恋人なら、こまめに連絡を取り合い、声が聞きたい、会いたい、繋がって居たい、と思うのは、男女ともに同じ感情ですが、女性はたまに度の過ぎた干渉・詮索・心配性を示す場合があります。

 

例えば、

おすすめ

毎日の終業時間や帰宅時間をなどの行動報告を要求
彼氏のSNSを常にチェックしたり、夫のスマホにGPSを搭載する
過去の恋愛遍歴をしつこく詮索する
突然悩みや愚痴モードに入り、落ち込み始める

などの行動をとって、男性の全てを把握しようとしたり、かまってもらいたい態度になります。

これらの行動の動機・理由は、全て女性が求める「愛されている」という実感を得たい為に起こされるものです。

 

最近は、ネットや雑誌で、【重たい女】とか【男に嫌われる行動】などのハウツーが出回り、そのようにしないようにしよう!と決意している女性も多く、至ってあっさりさっぱりとした態度をしたり、男っぽい性格の女性も増えましたが、根本に求めている物は同じなので、上記とは違う行動となる場合もありますが、その場合でも同様に男からすると、何故???と引いてしまう言動をします。

 

近年、サバサバした女がカッコいいと評され、昔のように素直に男性に甘える事が出来ない女性も増えました。その場合、「愛されている」実感を得たいが、素直に言えないという反動が、男性への暴力抑圧的な言動男への上から目線等の言動として表現される場合も少なくありません。

 

では、どのように、男性側の愛を女性に伝えることが出来るのでしょうか。

 

女が愛されていると実感する男の言動

実際は恋人や妻を愛していたとしても、伝わらなければ、何の意味もありません。

 

それを伝える方法は、下記の通りです。

 

女性が男性から愛されていると実感する言動

  • 視線を送ってくれる
  • 自分の話しを聞いてくれる
  • 困っている時に心配したりや手助けをしてくれる
  • 感謝や愛情を口に出して伝えてくれる
  • スキンシップをとってくれる(手を繋いだり・肩が触れ合うなどでもOK)
  • たまに特別扱いしてくれる(特別な日を演出してくれる・プレゼントをくれる)

 

おすすめ

 

こんなことでいいのか?と思われるかも知れませんが、これだけで女性は愛されていることを実感することが出来ます。

 

しかし、これは彼女とか奥さんに対してでなくても、人として当たり前の行動とも言えます。人間関係で最も大事なのは、相手への気遣いや心遣いや親切、そして優しさです。

 

その中で、たまに、自分にだけ他の人にはしないような特別扱いをしてくれるなら、女性はより「愛されている」実感を感じる事が出来ます。

 

言葉という愛情表現 と 特別扱い

日本人は、言葉による愛情表現と、特別扱いが苦手な方が多いです。しかし、昔の日本人は、粋な言葉や演出をしていたという事例もありますから、これは日本人の性質ではなく、現代の教育や文化の影響と思われます。

 

また、外国人は日本人と比べて言葉によって女性に愛を伝え、サプライズなどをしている光景をよく見ます。しかし、ここでポイントなのが、彼らは、日本人から見ると「歯の浮く台詞」や「サプライズ」を要求されてしているのではない、ということです。彼らは、愛する人を喜ばせようとして、彼女の喜ぶようなことを考え、自分の心に溢れた事柄を言葉や行動として表現しているだけです。

 

おすすめ

 

このような外国人と日本人の差は教育にあると思います。外国人の教育はアイデンティティーの確立や個性が非常に重要視されていますが、日本人は単一民族という世界的に稀有な国家性と、戦後の教育によって、謂わばオルタリティー(他者受容性)が重要視されてきました。目立つことを避け、人と同じでなければならい、突出した才能や個性は平均化されるという戦後の長きに渡る日本教育の中で培われた性質は、ある部分では素晴らしい面もありますが、恋愛においては物足りなさでもあります。

 

その理由はグレゴリー・クラーク著〔日本人―ユニークさの源泉〕でもありますが、この教育と環境の違いから、日本人は少し特殊な国民といえます。

 

その為、単純に【言葉で愛を伝えよう】とか、【演出してみよう】と述べただけでは不十分であり、最も重要な事は、心に溢れた結果の言動を行う、という事です。

 

すなわち、もしただ言葉にすればいいと考えて、口先で「愛している」とか「好きだよ」と言ったり、人の真似をしてサプライズしてみても、それが伝わる可能性は低いと言えます。むしろ「突然何?気持ち悪いな」とか「何か疾しいことでもあった?」などと返され、行った本人が傷つくのがオチです。

 

では、言葉や、特別扱いで相手に「愛している」事を伝える為の“心持ち”は、どのようなものでしょうか。

 

それは相手のことを心から認めるという事です。

  ○○は何て美しいんだろう
  ○○は誰に対しても優しい子だな
  ○○は曲がったことを嫌う心の強い人だな
  ○○のそういうところがが僕は本当に好きだな

 

  ○○はいつも僕の為に努力をしてくれているな
  ○○はいつも僕の意向に全て合わせてくれているな
  ○○はどんな時でも、家族の為に自分の時間を犠牲にしているな

 

など、相手の外見でも内面でも、そしてその行動や努力に対して正しく認識(認める)時、自然と言葉や特別扱いはついてきます。そのような動機から出た言動を女性が喜ばない筈はありません。例え照れくさくて否定したり茶化したりしても、喜んでいるのが分かる反応のはすです。

 

そして彼女への感謝や愛を再確認した結果湧き上がる言動は、当然人によって違います。その為、どんな言葉であれば喜ばれるか?という頭での理解や模索は、一切必要ありません。逆に言うと、何も浮かばなければ言う必要はありません。(そんな時は行動で示すだけでOKで、浮かんだ時に言えばいいのです。)

 

そして、もうひとつの特別扱いは、たまにでOKですが、自分の心と感謝をそれなりの品で表すことは、女性の人生と通じての励みになります。

 

また、それは価格というよりも、その時の男性の出来る範囲での贈り物であれば、女性は確かに愛されているのを実感することができます。

 

自分達二人の特別の日や記念日に、
年収200万円の人が、100万円の指輪をプレゼントするのと、
年収1,000万円の人が、100万円の指輪をプレゼントするのでは違いますね。

 

年収200万円の人にとって、それは年収の約50%ですが、
年収1,000万円の人にとって、それは10%です。

 

女性が高価なものを好むというのは一見当たっていますが、一方で違います。

 

女性は価格で喜んでいるというよりも、その投資してくれた割合で男性の愛の割合を計っているのです。現に、それが愛情に比例するということは長い歴史の中で立証されているからでもあります。

 

その為、長い人生の中の“特別な日”に、愛する女性を“特別扱い”することは、女性への愛の証を示す手段ともなります。

 

● 自分の心に真実に浮かんだ言葉、それが相手への最高の賛辞であり表現である。

 

● 人生の特別な場面で女性を特別扱いすることは、女性の人生を通じての財産になる。