相手の優位感覚を知る

優位感覚を知ってアプローチを変える

優位感覚とは・・・

 

心理言語プログラミング(NLP)“VAKモデル”という【五感】に関する考え方で、
人にはそれぞれ五感の中でも得意(優位)な感覚があるというものです。

 

これは、何かを人に教えるとき・伝えるときに、相手の【優位感覚】に合わせて
表現やサポートすれば、よりよりコミュニケーションが可能になるといわれています。

 

優位感覚(感性タイプ)とは

人の五感とは、視覚・聴覚・触覚・臭覚・味覚 があります。
人が何かを思考するとき、どれかひとつが強烈に働き、優位的に使用する感覚があります。

 

しかし、臭覚・味覚は不安定のため、下記の3つに分類します。

 

  • Visual・・・・・・・ 視覚
  • Auditory・・・・・ 聴覚
  • Kinesthetic・・・ 身体感覚(主に触覚で、臭覚・味覚もここに入る)

 

NLPでは、この頭文字をとり【VAKシステム】といいます。

 

 

視覚タイプ

相手の優位感覚を知る

 

視覚優位に情報を処理しやすい人は、
色、形、明るさ、彩度、動き、距離、位置など視覚にまつわる事柄で記憶や表現をします。

 

基本的に早口な人が多く、頭に浮かんだイメージを言葉で表現します。
イメージを元に話すので、文章的に乱雑で、言い間違えも多めになりがちで、
手や指を細かく動かしながら、手で頭の中にあるイメージを描こうとする傾向
があります。

 

会話をしていても、いろんな話をして、イメージが浮かびやすい人が多く、
絵や写真などを見せながら話すとスムーズにコミュニケーションを取れます。

 

このタイプが説得する場合は、情報を用いることが多いです。

 

因みに、視覚から得る情報は膨大で、それをインプット・アプトプットしているため、
やや常に緊張状態でいることが多いです。

 

例)
「ハワイはどうだった?」
「すごく空気が澄み切ってどこも色が鮮やかで、海も空も真っ青で、それが地平線の
 先までずっと広がっていて綺麗だったわ」

 

 

聴覚タイプ

相手の優位感覚を知る

 

聴覚的に情報を処理しやすい人は、
音の大きさ、音程、音のスピード、リズム、音の聞こえる位置など聴覚にまつわる事柄で記憶や表現をします。

 

一定のテンポで話し、音や言葉としての記憶を元に話すので、きれいにまとまった
文章を話すことができます。手はあまり動かさず、頭の回転が速く見えます。

 

そのため、じっくり様々な表現を通じて話をすることでスムーズにコミュニケーションができます。

 

このタイプが説得する場合は、論理を用いることが多いです。

 

因みに音で情報を得る、ラジオ好きが多めです。

 

例)
「ハワイはどうだった?」 
「みんなアロハーってやさしく挨拶してくれて、日中は、どこも賑やかな町だったけど、
 夜は波音の響く音しか聞こえないほど静かで、綺麗なとこよ」

 

 

身体感覚タイプ

相手の優位感覚を知る

 

身体感覚的に情報を処理しやすい人は、
温度、湿度、感触、重さ、圧力など身体感覚にまつわる事柄で記憶や表現をします。

 

身体で味わって、それを表現するまで多少のタイムラグがあるので、
ゆったりスローで落ち着いた話し方な人が多く、言葉数は少ないが説得力があります。
手を動かす場合、視覚タイプと違い、身体の感覚を手で表現しようとする傾向ため、
大きな動きになります。

 

手触りや肌触りに敏感なので、説明したいものを触ったり、食べてもらうなど、実際に
体感してもらうことで スムーズにコミュニケーションができます。

 

そして、「気持ち」や「熱気」といったものも、脳が処理しやすいアプローチです。

 

このタイプが説得する場合は、勢い(迫力)を用いることが多いです。

 

例)
「ハワイはどうだった?」
「穏やかな感じの時間が流れていて、太陽の暖かさが包みこむような日差しが暖かくて、
 目の前に広がる海の美しさには思わずゾクゾクしたわ」

 

 

 

 

優位感覚(感性タイプ)を見分ける方法

 

では、自分・相手の優位感覚を見分ける方法をご紹介します。

 

それは、何か “考えさせる” 質問をしたときの目の動きで判別することができます。

 

何か “考えさせる” 質問であれば、何でも大丈夫です。

 

「おとといは、何をしていましたか?」
「GWには、何をしようと思っていますか?」
「子供のころ、童話のキャラクターでは何が好きでした?」

 

 

そのとき、相手の目の動きに注目してください。

 

 

 

相手の優位感覚を知る

 

 

 

自分から見て、

 

左上に視線が動いた場合 (@の方向)

 

視覚タイプです。視覚タイプには2種類ありますが、その内「構成」と呼ばれる部類の人です。
「構成」は、自分でイメージを創る(創造する)タイプで、比較的女性が多いです。

 

 

右上に視線が動いた場合 (Aの方向)

 

視覚タイプです。その内「想起」と呼ばれる部類の人です。
「想起」は、過去のイメージを捉える人で、比較的男性が多いです。

 

 

右下に視線が動いた場合 (Bの方向)

 

聴覚タイプです。

 

 

左下に視線が動いた場合 (Cの方向)

 

身体感覚タイプです。

 

 

五感は、神経と直結しているので、一番重視しているところが出やすく、
脳の使う箇所が違うので、それぞれに合うアプローチが必要です。

 

 

それぞれのタイプへのアプローチ方法

 

たとえば、子供への学習指導の場合でも、好きな人とのデートでも、
相手に合ったアプローチをすると、よりコミュニケーションがとりやすくなります。

 

視覚タイプ

 

視覚タイプの人は、五感の中で、何より目から入るものに優位性があります。

 

そのため、子供に学習指導する際は、

  • 色使いされた学習本で勉強する
  • 下線を引く
  • チャートで流れが見えるようにする
  • アイコン・イラストを活用する
  • 暗記はイメージ、そして物語を動画にして覚える
  • DVDやネット配信の動画で学ぶ

がいいでしょう。

 

また、視覚タイプの好きな人と遊園地に行ったとしたら、
「あれ、見て見て、楽しそう!」 と言うほうが、より共有できると思います。

 

 

聴覚タイプ

 

聴覚タイプの人は、五感の中で、何より耳から入るものに優位性があります。

 

そのため、子供に学習指導する際は、

  • 参考者やテキストを読み聞かせる
  • 自分でも音読して読む
  • 音声データに録音、変換して、聴く
  • 繰り返し聴く
  • セミナーや勉強会に参加して、誰かの話として聴く
  • 誰かとのディスカッションで聴く

がいいでしょう。

 

また、聴覚タイプの好きな人と遊園地に行ったとしたら、
ゴーって音すごくない? すごく楽しそう!」 と言うほうが、より共有できると思います。

 

 

身体感覚タイプ

 

身体感覚タイプの人は、五感の中で、何より体験や雰囲気や空気など感じるものに優位性があります。

 

そのため、子供に学習指導する際は、

  • 身体を使うこととして、ひたすら書く
  • 人と一緒に学習して熱気や気持ちと共有する
  • 実際に体験してみる
  • ポーズやジェスチャーを交えながら覚える

がいいでしょう。

 

また、身体感覚タイプの好きな人と遊園地に行ったとしたら、
一緒に乗ろうよ、楽しいそうだし!」 と言うほうが、より共有できると思います。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ