交流を円滑にする自己分析

自己分析をすることでよりよいコミュニケーションをとる

 

 

ジョハリの窓とは、

 

他人に対して、自分をどのように公開、もしくは隠蔽するかという、コミュニケーションにおける自己の公開とコミュニケーションの円滑な進め方を考えるために提案された「対人関係における気づきのグラフモデル」のことです。

 

これは、コミュニケーション心理学や健康心理学などでは、よく話題になるモデルです。

 

心の4つの窓

これは、1955年夏にアメリカで開催された「グループ成長のためのラボラトリートレーニング」で、
サンフランシスコ州立大学の心理学者ジョセフ・ルフトと、ハリー・インガムが発表した
「対人関係における気づきのグラフモデル」で、これを後に「ジョハリの窓」と呼ぶようになりました。

 

そのため、ジョハリ (Johari) は提案した2人の名前を組み合わせて作られた造語になります。

 

ジョセフとハリーは、自己には

 

A.「公開された自己」(open self)
B.「隠された自己」(hidden self)
C.「自分は気がついていないが、他人からは見られている自己」(blind self)
D.「まだ誰にも知られていない自己」(unknown self)

 

があると考えました。

 

交流を円滑にする自己分析

 

 

上記図で、最も好ましい状態は、A.「公開された自己」(open self)が大きく、
自分も他人も知っている自分でいる状態です。

 

交流を円滑にする自己分析

 

 

そして、最も好ましくないのは、D.「まだ誰にも知られていない自己」(unknown self)が大きく、
自分も他人も知らない自分でいる状態です。

 

交流を円滑にする自己分析

相互理解するための方法

 

人と人との関わり合いは、親近感や信頼感により、より絆が強くなります。

 

それは、上で述べたとおり、自分も自分を理解して、他人にも自分を理解してもらえている状態にすることが鍵となります。

 

そのために必要なことは、
@自分で自分を知ること
A人に自分を開示すること です。

 

自分で自分を知る方法

 

自分自身で自分を知る方法は、2つです。

 

1ステップ:自分で自分の心を理解する

 

まず、自分の感じ方・感動するポイント・悲しくなるポイントなど、自分の心の機微に注目します。

 

人は、自分で楽しいと思い込もうとしていても、心が乗らない時や不愉快になっているときなどあります。
それは、本当は自分らしさが出ない場所なのかもしれません。

 

例えば、友達がみんな楽しいと言ってクラブやパーティーに出向くので、一緒に参加していたとします。
でも、そんな場所では、大きな音がして、大勢の人がいて本当は不愉快になっているのに、
それを誤魔化して、一緒になって騒いでいるのは、本当の自分ではありません。

 

交流を円滑にする自己分析

 

その不愉快さに耳を傾けると、本当は行きたくない、と心は発しているかもしれません。

 

そして、自分が行きたいと思っている場所、つまり、心が求めているのは、海や山など、大自然に囲まれた
雄大な景色の前であった場合、自分を誤魔化しているのはとてももったいないです。

 

そうであれば、自然が好きな気の合う人と共に、スキューバーダイビングをしたり、登山をしたりして、
自分に合う時間を過ごすほうがよっぽど大事です。

 

交流を円滑にする自己分析

 

自分は何を求め、何を欲しているのだろう、とじっくり考える、それが第一に重要です。

 

 

2ステップ:信頼できる人からのフィードバックをもらう

 

そして次に必要なのが、相手から自分がどう知られている(見られている)か?を知ることです。

 

これを知る方法は、自分が信頼している人に、自分は周囲からどのように見えているかを教えてもらうとよいでしょう。

 

このとき、フィードバックしてもらう人は、信頼できる人でなければいけません。

 

 

 

人に自分を開示する方法

 

次に、他人へ自分を開示する方法です
ただ、これは何でもかんでも、自分の情報を相手に公開するという意味ではありません。

 

例えば、
×貯金は幾らある
×実は合鍵をどこどこに隠している
×妻は偏平足で・・・などなど
そういう個人的な秘密を打ち明けるという意味ではないのは、当然皆さんもお分かりですね。

 

そうではなく、自分というものを知ってもらう為に心を開いている状態、これが開示です。

 

私は、アクション映画が好きだ
私は、独りになる時間が好きだ
私は、お化けと虫が大の苦手なの
私は、優しくされたいと思っている人なの
私は、こんなことを面白いと思っちゃう人なの  などなど・・・

 

人間関係がうまい人は、人前で構えることなく、自分を出しています。
出典hk.apple.nextmedia.com

 

 

一方、人とのコミュニケーションが苦手な人は、自分の殻に閉じこもりがちです。

 

「こんなことを言うと、嫌われるのではないだろうか」
「自分がどんな人かなんて、人は興味などもっていないだろう」

 

勝手に思い込んでいる場合が多いですが、自分を開示することに支障も制限もありません。

 

交流を円滑にする自己分析

 

仮に、過去に、「お前なんか、誰も興味なんて持ってないよ!!」などの心無い言葉が
トラウマとなってそう思っている場合もあります。

 

しかし、それは本当にそうでしょうか???

 

そう言った人(例えば親や兄弟や友達)は、そう思ったのかもしれませんが、全世界の人が
みな同じ考えでしょうか?

 

あなたに興味を持っている人だっているかもしれないし、新しい環境で、自分を開示してみたら
みんな興味を持ってくれるかも知れません。


ホーム RSS購読 サイトマップ